2020年08月20日

京子先生がネイルの保湿ケアに使っているアイテム






こんにちは~!

京子先生です



今回は、ネイルの保湿ケアに使うアイテムについて

ご紹介します。



先日メールをいただいた、飲食店にお勤めのK様はじめ、

数多くの方から、

「京子先生が普段使いしているオイルなどを教えて下さい」

ご質問があります。


折りにふれ、ネイルのオイル漬けについてお伝えしていますが、

より広く、皆様の日常に「保湿」という概念が浸透して欲しいので、

改めまして、の紹介です。



メンツは、ほぼ普遍的ないつものアイテムなんですけどね( *´艸`)



まず、一番使用頻度が高い、

O・P・Iのプロスパ ネイル&キューティクルオイルトゥゴー


オイルトゥゴー.JPG



たったいま、京子先生のエプロンのポケットから出しました。ほやほや

使用感がにじみ出ています(笑)


すでに、皆様には超お馴染みのオイルですね。

お爪とキューティクル(甘皮)専用なので、

日々のお手入れには、非常に効果的ですよ。




先が筆ペンタイプなので、甘皮周りはもちろん、

肝心なお爪裏の「ハイポニキュウム」にも差し込めて塗りやすい!!


筆ペン.JPG



ポケットやポーチに入れて持ち運べて便利

「塗りたい時に手もとに無い!!」は最悪です・・・



京子先生は、保湿ケア全体を10としたら、

6くらいは、このペンタイプのオイルで賄っています。



その反対に、持ち運ばず、おうちの洗面台や寝室に置いて

使っているのが、こちら。


同じく

O・P・Iプロスパ ネイル&キューティクルオイル

(ボトルタイプとスポイトタイプ)


オイルボトル.JPG


オイルスポイト.JPG




先ほどのチューブタイプのオイルは、

この黄色いオイルが、トロっとジェル状になったもので、

少量塗るのに適していますが、ボトルとスポイトは、

たっぷり塗る時も塗りやすい!



注:ボトルとスポイトのオイルは、液状なので、

安全のために、持ち運ばず置いて使って下さい。(職場のデスクなど)

過去に京子先生も、ポーチの中をオイルまみれにしたことがあります(苦笑)



この液状のオイルが、全体10のうちの2くらい。



乾燥がかなり進んだ時のスペシャルトリートメントには、

以前ご紹介した

ジェシカのナリッシュ キューティクルフォーミュラを使います。

べったべたのヤツですね(笑)
 ↓ ↓ ↓

消毒液で荒れた手の保湿には

これは余程の時なので、0.5?くらいかなぁ?



残り、1.5は、地味にこういうのを使っていますよ。


プロペト (1).JPG



じみっ(笑)

「プロペト」です。

皮膚科で処方してもらったことがある、という方もいらっしゃると思います。


プロペトの中身.JPG



プロペトは、簡単に言うと、

ワセリン(白色ワセリン)から不純物を取り除いたものです。


純度が高いので刺激が少なく、

お顔や眼の周りなどにも使えるものです。(もっと純度が高いのもあります)


京子先生は、プロペトをネイル用、というよりは、

手の甲や指の関節といった、広めに保湿したい時に使っています。


ここで、多くの方が思い違いをしていらっしゃるので、

ざっくり確認を。



「カサカサ(ガサガサ??)になったら、

ワセリンを塗っています」と、お聞きする事が多いのですが、

効果的な使い方をしていない人が多い模様。

実は、ワセリンやプロペトには、薬効成分は入ってないんですよ。


皮膚に何かが浸透して効く、のではなくて、

皮膚の上にとどまって、油膜を張って、

水分が蒸発するのを防ぐ だけなんです。


したがって、ココがポイント!!


ワセリンやプロペトを塗る前には、

化粧水や美容液などで、十分にお肌を潤しておく


京子先生も、お手もと全体の保湿の時には、

肌真水をスプレーして、よく馴染ませてから

薄くプロペトをのばしています。


隠し技として、

「冷暖房で、ちりめんジワがよりそうだわぁ~」という時は目尻に、

「ずっとマスクで、頬が下がってブルドックっぽいなぁ~」という時はほうれい線にも(笑)

うす~く塗ってますよ( *´艸`)

シワ部分が乾燥して、形状記憶するのを、ちょっとでも妨げたい!という思い・・・

(スキンケアで保湿後に。日光に当たる予定があったら控えた方が良いかも)


冬場に乾燥で、身体に痒みがある時などは、

すぐにかゆみ止めを塗るのではなく、

お肌本来の機能を回復すべく、ボディクリームなどを塗って、

水分が蒸発しないようにワセリンで油膜を張る、というのを試してほしいです。




色々書きましたが、

まとめると、

ネイル周りは、ほぼチューブタイプのオイル、

手全体は、水分入れてからプロペト、そして手袋。

と至ってシンプルです。


みなさん同様、なにしろ手を洗いますから、

大切なのは、何を使うか?よりも回数ですかね~(;´∀`)


いかがでしたか?

少しでも、お手入れのヒントになったら嬉しいです。





posted by 京子先生 at 18:56| Comment(2) | お客さまからの質問Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

京子先生の手袋コレクション~夏~

みなさん こんにちは。

京子先生です[E:happy01]

忘れてたでしょ?
忘れてたよね?

・・・・・

はい[E:sweat01]
忘れてました~~~[E:sweat01][E:coldsweats02]

以前、冬の手袋コレクションをご紹介した時に、
夏になったら、UVカット手袋をご紹介します、とか言ってたのに、、、

いつの間にか9月になってるじゃないか~~~[E:bearing][E:impact]

月日が経つのは、早いね~、、、っと[E:sweat02](苦笑)
すみませんでした。

さて、京子先生は、職業柄 手をケガしないように
いつも細心の注意を払っていますが、
もちろん日焼けにも、特に気を遣います。

焼けやすいんですよ、これが!
すぐに こんがりさ[E:scissors]

「手の甲は、日焼けしやすく褪めにくい」

したがって、京子先生は
「気温的に冬の手袋じゃおかしいな」と思った日から、
「もう冬の手袋じゃないとおかしいな」と思う日まで
UVカット手袋です(笑)

もう初秋だから、控えめにご紹介しますね、、(;´∀`)

モイストグローブと重ねたり、
単独で愛用している手袋たちです。

中には20年近く前のものもありますよ~(こわっ)


Dsc_3723


Dsc_3717



各指のサイドや親指さん側は、通気性がいい作りです。


Dsc_3721

↑↑
これ、流行りましたよね(笑)
お持ちの方、いらっしゃるかも!

つけてたら、保湿できる系のはしりです。


Dsc_3720

↑↑
恥ずい~~[E:sweat01]
でも、このパステルカラーこそが
クレージュの王道ですっ!

白色系で、UVカット率はあまり期待できないけど、
装いによっては、こういうのも。
(バスガイドでは ナイ)


Dsc_3719


最後に、
これこそ、どの辺が紫外線を防いでくれるのか??
っていうシロモノ。

Mani Maniっていう手袋専門ブランドの、
「紫外線カット手袋」


Dsc_3715




TPOにあわせて、、というより、
お洗濯が終わったヤツから(笑)使っています。

もっとたくさんあるんだけど、
写真に撮ろうと思ったら、ちょっと指先が薄くなってたり[E:coldsweats01]
で、遠慮しました。

習慣になると、めんどくさくない手袋。

もっとも年齢を感じさせるお手もとのケアは、
簡単な事から始めましょう!!








posted by 京子先生 at 19:08| Comment(2) | お客さまからの質問Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

京子先生の手袋コレクション~冬~

みなさん こんにちは。

京子先生です[E:happy01]


ネイルセラピストとして、
毎日たくさんのお客様のお手もと、お足もとに触れる京子先生の「手」。

まあ、ざっと365日、手袋をしています。

その目的は、紫外線防止、乾燥防止、というのはもちのろんですが、
「ケガ防止」も大きな理由です(*^^*)

外を歩いている時、気をつけていてもヒヤッとする事があるんです。

人混みを猛スピードでぶつかりながら歩く人や、枝葉が道にはみ出してる生垣など、
ちょっとした事で切り傷でも作ってしまったら大変[E:sweat01]

絆創膏なんて貼ってると、
プロとして、素手で施術するお手入れに
入れなくなってしまいますからね~[E:coldsweats01]

そこで、ずっと以前から
「いつかやってみよー!」
「いや、そんなん、みなさん興味ないよね」と、
モジモジ考えていた企画!

京子先生の「[E:shine]普段使っている手袋たちコレクション[E:shine]」を、ご紹介します。

お?
グローブって言った方が、かっこいいのか?

っていうか、そもそも普段使いしててコレクションと呼んでいいのか?

ま、いいや~[E:up]

2018年はこんな感じでいってみましょう!(前向き)

まず ウール系の手袋は、
お洋服に合わせてこんな感じで。


2




あれ?めっちゃ指部分が短く見えますね(;'∀')

手の周囲のサイズで買うと、だいたい指がつっかえます[E:coldsweats01]


もう少し寒い時は、レザーの手袋。

風を通さず 内側ニットのものは暖かいですね~。

使い込んだ ヴィンテージ感満載(笑)

赤や青の手袋は、見せパンならぬ、「見せグローブ」で、
実用的ではないんですが、差し色として。


1 



次は、風も雨も通さない頼れるヤツと、
ふわふわが視覚的に暖かいヤツ(笑)

黒いのは、スタッフひかりちゃんとおソロです[E:note]


Photo 


そしてそして、

以前「グレース・ケリー展」で、(いや、何年前よ[E:sign02])
彼女のたくさんのワードローブを見た時、
とても感動して、中でも記憶に残っていたのが、
ちょー美しい純白の手袋[E:shine]

あの、手に持つだけの、あれです!

ガラスケースの中に飾られていたから、
本物にはもちろん触ってないけど、
とってもとっても軟らかそうでした[E:heart04]

その後、グレース・ケリーの、
そのクレバーで気品あふれる佇まいに憧れて、
京子先生も買ったんだ~~(´艸`*)

似た雰囲気の手袋。


Photo_2 


時どき、クローゼットから出しては しばらく眺めて、
またしまってます(笑)

まだまだ、ヘンテコなのがあるのですが、
それは、おいおい。

暖かくなったら、
これまた たっくさんある、
春夏の手袋をご紹介しますね~[E:up]






posted by 京子先生 at 20:35| Comment(2) | お客さまからの質問Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする