2009年06月22日

「手ぬぐい ライフ」のお話

みなさん、こんにちは
京子先生です[E:happy01]

む…むし暑いですね[E:sweat02]
なんだかんだ いっても 日本には四季があるんだわ、と実感[E:coldsweats01]

「いつも涼しそう」[E:penguin]と言っていただく 京子先生も、
じとーっと汗ばみます[E:sweat01]

そこで 今年は 「手ぬぐい[E:sign03]」
使い勝手の良さと、その肌ざわりが気に入ってます。[E:heart01]

ハンカチの変わりは もちろんですが、いろいろ包んでお懐紙の変わりにしたり、
ぬらして おしぼり、首にまいてタオル代わり[E:sign02]にも使えます。

P6171418_2  夏にぴったり[E:sign01][E:wave]

 朝顔の柄は、紺色をそろえてみました。   

  

   

  

  

  

  

  

  

P6221440  手ぬぐいを使いはじめた きっかけとなった「豆ぐい」
 ミニサイズでかわいいんです。
 いつも お世話になっている お友達からいただきました
 おにぎりを包んだりすれば、ランチタイムが楽しみです[E:restaurant]。 

  

  

  

P6221441  手ぬぐいの柄には、いろんな意味があるんですよ。
 かわいい ふくろう柄、「苦労しない→不苦労」って事で
 縁起がいいんですって。
 若い時の苦労は買ってでもしろって言うけれど、
 そんな年でもない京子先生は、迷わず、
 ふくろう手ぬぐいを買いっ[E:sign03](笑)

  

  

和テイストで に生きてみようかなって 思ったのです[E:happy01]。

posted by 京子先生 at 14:11| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする