2021年04月04日

京子先生4月のネイル♪2021




みなさん こんにちは~~!!

京子先生です




昨日の記事で、

ネイルチェンジする前の爪の状態をご紹介いたしました。



爪の長さがMAXになると、印象が変わりますよね。

爪先のCカーブが自然と形成されて全体が細く見えます



ではでは、4月、新年度のネイルに付け替えましたので、

こちらもご覧くださいませ。



明るい気分でいこう!と、

爽やかキラキラを目指していたのですが、

少々思っていたのと違う仕上がりに・・・(笑)




この、ミラーホログラムを使いたかったのです

ミラーホロ.JPG


ホワイトベースで、

小さい丸は、ブルーネイビ―などが煌めいて、魅力的、、、




と思ったのですが、

実は、ほとんどが六角形のミラーホログラム




これが、ギラギラのサングラスに見えて(笑)、

思いのほか「派手」で・・・( ̄▽ ̄)







それを薄めるために、他に2種、

合計3種類のホログラムやラメを動員することに。

ラメ3種.JPG

  ちょっと見えてますね、六角形。↑

ミラーの上にも重なるように、ラベンダーのホロを乗せたりして。


新年度ネイル2.JPG



新年度ネイル.JPG


角度によっては、ちゃんと薄まってますね(;'∀')

うすーく黄色に見える部分が実はギラギラなんです


最後に、分かりやすい親指。

ギラギラがいっぱい(≧▽≦)










今回のネイルは、

ひょっとしたら、

京子先生のネイル史上、もっともギラギラかもしれません。

(フラットアート部門)


3Dアート部門では、

過去にクリスマスのベルや、松ぼっくりが乗っかってた事ありますしね(;^_^A



ちょっと、京子先生自身 見慣れませんが、

新年度、頑張ってまいりまーす

posted by 京子先生 at 18:56| Comment(10) | ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは京子先生!
結構前に、ハイポニキゥムの事と、爪の整え方が分からないと質問して、
薬指の謎と、私の場合はスクエアオフより丸いオーバルが良いと教えてもらいました。
それでスクエアオフを止めて、丸く整えていたのですが、
やはりサイドの、爪とお肉が離れる辺りから爪先に斜めに亀裂が入り、欠けてしまいます。
普段から爪を使って何かしたり等、爪に負担がかからない工夫はしています。
それで自分で調べてみると、私の整え方はラウンドだったみたいです。
サイドが結構真っすぐです。
それで益々分からなくなって、爪のサイドをどの辺りから、どの位丸く削っていいのかが分かりません。
あと、爪のハイポニキゥムからどの位の長さがベストなのかも分からないです。
あと、京子先生的には、バッファリング(?)みたいな、磨いて艶出しはどう思われますか?
またまた長々と質問すみません。
前は質問を記事にして頂いて、詳しく教えていただきありがとうございました。
Posted by ゆき at 2021年04月05日 13:07
ゆき様
こんにちは。
いつもブログを読んで下さってありがとうございます。

今回のコメントを拝読いたしまして、
ゆき様はいろいろと、お爪の事を考えてお手入れされてるんだな~(*^^*)と
感じました。

「爪に負担がかからないように工夫している」にも関わらず、
爪が欠けてしまう、という事は、
やはり何か原因があるという事ですね。
その原因、突き止めたいですね!

ゆき様が整えて下さってるラウンドは、オーバルより「衝撃に強い」とされていますが、
それはあくまでも教科書での話。
オーバルはゆき様がおっしゃる、爪とお肉が離れるところ(ストレスポイント)から削り始めて、
爪先に向かって丸くする形です。
爪先の中央に向かって丸くするのですから、当然爪の長さによってアールの角度(どのくらい丸いか)は変わってきますよね?
(短ければかなり丸く、長ければアールは浅く緩やかになります)

また、ハイポニキュウムからどのくらいの長さがベストか、とのご質問ですが、
これこそ、ゆき様の手の使い方・お仕事・家事の仕方などによります。
現在ハイポが既にある場合は、そこから1~2ミリ出るくらいが安全ですが、
「気をつけてるけど爪が欠ける」とおっしゃる方には、
100%欠けないくらいの短めをおすすめしています。

以前にも、ゆき様にはその時の状況を考慮して「短めの丸め」をおすすめさせていただいてたと思いますが、
様々な要因を排除してもなお欠ける、という事は、
体質的な爪の薄さ、軟らかさなど、別の原因に因るかもしれないし、
そもそも爪を伸ばす事に不向きな現状なのかもしれません。

この先ずっと短い爪にならないためにも、
亀裂が入らなくなるくらいまで削って、少し伸びたらまた削って、と、
あえて一旦短いお爪をキープしてみられてはいかがでしょう?
これまでの、目には見えない細かな亀裂が一掃されて欠けにくいお爪が残ると思います。

伸びるのが早いゆき様の爪だから、
半年待たずに、あっという間に健康な爪に生え変わるのではないでしょうか。
(だからこそ手間かもしれませんが、こまめに削って頂きたいです
伸びてる時期が危険)

最近もポリッシュですか?
丁寧にして下さっていると思いますが、やはり欠けやすい爪には
塗り替えの行為はダメージが大きいと思います。
3層が揃った健康な爪が伸びてくるまで、保湿で頑張っていただきたいところです、
無理に、とは申しませんが・・・(;^_^A

最後に「バフィング(爪磨き)」についてですが、
結論から申しますと、京子先生はバフィングはおススメしていません。
そもそも、バフィングとは、爪の1層目(時には2層目までも)を削り落として
凹凸をなめらかにして光らせます。
確実に「薄く」「割れやすく」なります。

「お手入れしてるのに割れやすい」というお客様で、バフィングをやめてもらったら
とても健康になった、というケースは多いですよ。
おじさんのぶ厚い(←失礼)親指さんくらいなら磨いてもいいと思いますが、
表面だけを均一に、しかも軽~く絶妙の塩梅にバフィングするのは熟練の技術が必要です。
京子先生も、プリパレーションの段階で、目立った縦筋を緩和したり、油分のお掃除の意味で、
ほんの少しスポンジファイルをかける事はありますが、あくまでも下処理という意味です。

ずっと以前ですが、京子先生自身がネイルサロン様を数件まわって、
何人かのネイリストさんに自爪をバフィングしてもらったことがあります。
それはそれは、恐ろしい結果でした(>_<)
爪のハイポイント(横から見たカーブの高いところ)はペタンコになり、
ヤスリを当てやすい爪の中央だけが薄く赤くなり、
丈夫だった爪は、磨き過ぎてペラペラに。
その後、数ヶ月は欠けて欠けて大変でした。

一度磨いた爪は元に戻らない事、爪が「爪圧」を受けることで手指の機能を果たしている事を理解していない(教えられていない)技術者のために、
生活上でお困りの方をたくさん見てきましたので、
今回、ちょっと厳し目にお伝えしました(;'∀')

もしも、ポリッシュの仕上がりをキレイにするためだったら、
バフィングで凹凸を磨いて薄くするのではなくて、
リッジフィラータイプのベースコートで凹凸を埋めて厚くして塗ると「もち」もよくなりますよ。
(その際はしっかり乾かしましょう)

元々ハイポもあって長めにしていらしたゆき様ですから、
きっと改善すると思いますよ。
体質の変わり目、生活リズムの変化、ジェルやポリッシュによるダメージ、
指の腹を使う、、、など総合しておさらいをしてみて下さいね。

長くなってしまいましたが、
少しでもお役に立つ部分があったら、書いた甲斐があります。
どうぞよろしくお願い致します。


Posted by 京子先生 at 2021年04月05日 18:43
ホログラムやラメを入れると、
華やかで良いわね〜^_^
見る角度によっても、色が変わるのが
本当にいつも不思議に思っていました。
3種類も入れると、更に素敵です!
4月ネイルも、春に向けて美しいわぁ。
Posted by ナラクマカンジ at 2021年04月05日 22:04
ナラクマ様
今回はやや光り過ぎな(;^_^Aネイルになったのですが、
いつも褒めて下さって嬉しいです。
新しい季節だから気合入りました。

もしもナラクマ様が長期休暇が取れたり、
また自由に旅行ができるようになったら、
ぜひキラキラネイルさせて下さいね~!
Posted by 京子先生 at 2021年04月06日 16:18
京子先生、またまた詳しく説明ありがとうございます。
私は薬指と左手小指以外は、ハイポニキゥムがあるのですが、
サイドが薬指と小指以外は、結構くっついていなくてピンクの部分が鋭角と言うのか、サイドの所が深い(?)のです。
なので、ハイポニキゥムギリギリの長さにしていたのですが、
整え方がラウンドになってしまっていて、サイドがストレートで角もあったのです。
それで角になる辺りが、何かの弾みで亀裂が入ってしまっていたみたいです。
そんなに頻繁に起こる現象では無いのですが、時々そうなってしまって困っていました。
自分の整え方がラウンドだった事が分かった所で、オーバルとの違いが分かったので、ストレスポイントからなるべくなだらかに丸くなる感じに、昨日整えてみました。
それでも、やはりピンクの部分が鋭角なので、爪先よりサイドに爪の白い部分がある感じです。
ピンクの部分に合わせて削ると、割と鋭角なポイントという形に近くなってしまう感じです。
爪は、元々薄くも厚くもない普通だと(人と比べた事が無いですが)思います。
角が欠けるのは、爪先と違ってサイドがあまりお肉にくっついていないせいかな?と想像しています…
今はハイポニキゥムより1mm長い位に整えています。
家事で水仕事等をする時は、元々洗剤等に皮膚が弱いのでゴム手袋をします。
他に爪に負担になる事…ポリッシュ位だと思います。
以前にポリッシュのリムーバーも負担になると教えて頂いたので、
なるべく長持ちさせて、ゴシゴシもしません。
思えばポリッシュも、お風呂の時に爪の角の部分がペコペコして角から剥がれていました。
ジェルは、ずっと同じカラーだと飽きてしまう性格なので、ポリッシュにしています。
サロンに行くお金が無いので、ジェルもセルフでしていたんです(;^ω^)
Posted by ゆき at 2021年04月06日 18:08
すみません、追伸です。
京子先生、私が爪が伸びるのが早い事まで覚えていてくれていたんですね!
感謝感謝です。これからもネイルのお仕事頑張って下さいね。
ブログも楽しみにしています!
Posted by ゆき at 2021年04月06日 18:12
京子先生こんばんは
善は急げ、ということで本日ジェルネイルしてきました!!
せっかくなので薬指だけでなく全ての指に施してもらいました
10年振りのジェルネイルでしたので、自分なりに色々調べ
伸びてきてもあまり目立たず、サンディングが必要ないように
パラジェル強化ベース、クリアジェル、マットコート仕上げというメニューを選択してみました
いざ、施術
という時に
私の爪はジェルが浮いてしまいやすそうな爪の質ですね
との事
??と思いながらも
熱い硬化のためのライトを乗り切り
施術が終わり
仕上がりを見てみると

おーー、ニッパーでバチンバチン爪を切るし、結構サイドを削ってあって、ストレスポイント付近のハイポニキウムギリギリ💦
肝心のジェルも、少し液だまり??みたいな感じになり
ところどころもたついてる…
でもま、私は補強目的のジェルネイルだし
もたつきに関しては別にいっか!!
次お願いする時は、自分で爪の形は整えてサロンではジェル乗せてもらうだけにしよ😅
と自分の中でいろいろ考えながら帰宅しました👣
数時間後、パッと手元を見てみると
あれ、右の親指と薬指の根元、ジェルが浮いてる💦
まだ帰宅してご飯食べて、ドラマみて、お昼寝しかしてないよ??(笑)
と、衝撃を、受け
ネイルサロンに電話し、明日無料お直ししてもらいます😅
ジェルネイルも色々なんだなぁー
と思いつつ、勉強になったなぁと、
こんなこともあったけど
結果ハイポニキウム育ってよかったなぁと思える未来が来るといいなぁ
思いながら
明日お直しに行ってきます
京子先生のような素敵な手元になれる日を夢みて…( ˊᵕˋ )♡
Posted by ゆん at 2021年04月06日 19:58
ゆき様
早速削って整えて下さったのですね!
ありがとうございます。

「整えた後、爪のサイドに白い部分がある感じ」との事ですが、
ソコはあってイイのです!
むしろないとダメ。
なぜかというと、その白い部分がお肉とくっついてネイルベッドになるスペースだからです!

「爪のサイドに白い部分がある」という様子から、
ゆき様のおおよその爪の状態が想像でき、
ご返信を拝読すればするほど、
「爪の事を気にし過ぎて、もしや触り過ぎていらっしゃるのかなぁ・・・」と
感じたりします。
通常、ベース・トップとポリッシュを塗った爪は、
余程伸ばしてるか、薄いか、傷んでいない限り、
お風呂でペコペコとは、ならないと思います。
(かなり長湯されるか、カドをご自身で押したりしない限りは)

気になって、親指で他の爪のサイドをなんとなく触ったりしていませんか?
ひょっとしたら無意識に、という事もあります( ;∀;)

ピンクの部分が深い、サイドに白い部分がある、というのは、
軽い剥離という可能性もありますね。
直接拝見していないので、この場所で確かな事は申し上げられませんが、
SEEZ.では、爪が(薄くなっていることで)動きやすくて、サイドが剥離していらっしゃるお客様には、
なるべく爪を触らないようアドバイスし、ポリッシュ・ジェルもお控えいただいてます。
そして、経験上剥離の改善はゆっくりです。

でも、剥離ではないかも知れないし、
現在は、爪先も短め、ストレスポイントから丸く揃えていらっしゃるのですから、
そこ1ミリなんかにこだわらず、ぜひ、3ヶ月、半年スパンで考えてみて下さいませ。
きっとその方が、気分的にも爪を育てる事に成功すると思いますよ!

ゆき様の爪が伸びるの早いって、もちろん覚えてましたよ~(≧▽≦)
世の中には、爪が伸びにくくて症状がなかなか変わらない方もたくさんいらっしゃいます。
その点、ゆき様は、とてもラッキーなので、ぜひおおらかな気持ちで、
短め・丸め・サイドの白い部分はキープ・爪を(不必要に)なるだけ触らない・
保湿・保護・・・(多いですね(笑))などに気をつけながら
爪を見守ってあげてください。
応援していま~す(*^^*)
Posted by 京子先生 at 2021年04月08日 19:35
ゆん様
こんばんは。
おお~!
フットワーク軽いですね(*^^*)
10本ともジェルをお付けになったとは。

ジェルの重みがハイポニキュウム成長のスイッチになってくれる事を切に願います~。
しかし「ジェルが浮いてしまいやすそうな爪の質ですね」というのは気になりますね!
理由はおっしゃってなかったのでしょうか?
爪や皮膚がしっとりしているから、
薄くて曲がりやすいから、などなど。
「浮きやすそう」、と言うからには、その理由や対処法も聞かせて欲しいです、京子先生的には。

「液だまり」というのも、超絶気になります。
ジェルは、液の中にたくさんある「フォトイニシエーター」というものが、
UVライトや、LEDライトに反応して硬化します。
筆でジェルを爪表面に均一に塗れてないと、
フォトイニシエータ―が多い部分や少ない部分に縮みが起きて、
ギュッと盛り上がったところが「液だまり」つまり波打ったような仕上がりになります。

当然、均一に2層、3層と重なったものに比べて、浮きやすくなります・・・
無料お直しも、昨日の今日で、リムーバーを使われたり、ヤスリの衝撃を受ける事になるので、
本当に、もう~(;^_^A

しかし、ゆん様がおっしゃるように、
「あの時は笑ったな~」と思い出話になるといいですね。
お仕事中のラテックスグローブとの兼ね合いも注意して観察してみて下さいね。
ジェルが付いていると、ついつい伸び過ぎちゃうので(京子先生だけ?)、
お長さの調節、よろしくお願い致します。
頑張って下さいね~!
Posted by 京子先生 at 2021年04月08日 20:11
京子先生、こんばんは🌃
ジェルが浮きやすそう
ということに関しては、薄いとか、爪の形とかそういう事ですか??
と伺ったところ
爪の質的に、という感じですかねー
との返答でした😅

爪の長さ、京子先生が仰っている
指の裏側から見て2、3ミリを守って、頑張ります!!
Posted by ゆん at 2021年04月08日 21:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください