2021年04月03日

ジェルつけて約5週間経つと・・・




みなさん こんにちは~~!!

京子先生です



3月の末に、新年度に向けて

京子先生のネイルもチェンジしました


が!

今回は忘れずに、

伸び切ったジェルの状態を

カメラに収めることができたので、

ご参考になれば、と思い公開いたします。


本来こういった万全のコンディションじゃない部分は

プロだったら、お見せしない方が良いのかもしれませんが、

京子先生には、ある思いが・・・


それは、「ジェルネイルに対する誤解」を解きたい!!

というものです。

(さらに言うなら、ネイルケアそのものに対する誤解)




もう時は令和3年だというのに、

いまだに、


・ジェルって爪が傷むよね

・つける時、自爪を削って傷をつけるから薄くなる

・ライトに入れたら、めっちゃ熱くて痛いんだけど

・自爪とジェルの隙間にカビ生えるしね

・はずすときも、すごい力で削られる

・ネイリストさんに「少しジェルはお休み期間にしましょう」って言われた

・外したあと、爪がどんどん割れる~



っていう声が聞こえてきます。

やれやれ、15年前と何も変わらな~い!(-_-;)



ジェルの付け外しを、

「熟練したネイリストが施術した場合」と、

検定1級・○○講師などと標榜しながら、

「正しい知識や経験、習熟度が足りないネイリストが施術した場合」の

「差」について、


自らの自爪を用いて、傷み具合を検証した記事

京子先生の自爪で検証!「ジェルしても傷みません」


↑ ↑ ↑
こちらの記事で、自爪への残念なダメージを

詳しく解説していますが、


じゃあ、「ジェルのもち」はどうなの???

という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。



・「京子先生が言うように、

ジェルを付ける前に自爪を削らないなら、

すぐに浮くのでは?」



・「薄付きだとすぐに浮くからガッツリ厚塗りでしょ?」


・「あっ!あれだ!家事しないんだ!」


と、内心思っている方もいらっしゃると思うんですよね~(;'∀')





京子先生が、前回2月21日につけたジェル


春新色2.JPG



約5週間たった3月29日のジェル

5週間後.JPG


今回は、あえて、

途中長さを削ったり、

トップコートを塗り替えたりもしませんでした。


まさに、日数だけが経過した状態。

根もとの自爪がすごく伸びていますね。


裏から見たら、長さがひときわです(;^_^A


ハイポ側.png



フリーエッジの透け具合や、

先端を見てもお分かりだと思いますが、

とっても薄付きです。


自爪が傷んでいないため、

ジェルの根もと、先端もまったく浮きませんでした。


もちろん、京子先生いっさい外食していないので、

9割自炊、1割ホカ弁(笑)

(まだデリバリーを活用していないのでした


お料理の際、京子先生は素手派です

でも、後かたずけ、キッチン掃除の時は、

しっかりゴム手袋を使います。


お洗濯や掃除機、植物のお手入れも

それぞれ手袋を使っていますよ。


では、まとめ。


正しい技術と知識、経験で施術すると、

自爪が傷みにくいのはもちろんの事、

プライマーを使わなくても、サンディングしなくても、

健康な自爪につけたジェルは大変長持ちします!




乱暴な手の使い方をしてしまうと、

結果は違うものになっていたかもしれませんが、

SEEZ.で施術したカルジェルは、

本来、これくらい長持ちするものですよって、

お伝えしたかった~~!


(通常は2~3週間で長さ調整・根もとのリフィルを

させていただいています)



でも、ご体調や、生活リズム、何らかの原因で、

今まで長持ちしていた方が、急に浮きやすくなる事って

あるんですよね~


Y様、また「10本外れませんでした」っていう日が訪れますように



長くなりましたが、

最後まで読んで下さって本当にありがとうございます。





posted by 京子先生 at 18:55| Comment(0) | トラブルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください