2019年06月21日

ご質問にお答えします!「足の指のハイポ育成」


みなさん こんにちは。

京子先生です[E:happy01]


読者様からのご質問にお答えするシリーズ、

いよいよ今日は3問目、

最終回となりました~~[E:happy02][E:sign01]


ぜひ1問目・2問目の記事からお読み下さいませ。

ご質問にお答えします!「日中のネイルオイルの正解」

ご質問にお答えします!「はがれたハイポ復活」


それでは、参りましょう!

Q3.足の爪のハイポを育てる一番の方法は?

A3.(敢えて言うなら)足の指をしっかり踏ん張って歩くこと!


ご質問くださった みるくちゃん様は、

「一番の方法」をお訊ねでしたが、

京子先生の長年の経験や知識を総動員して考えると、

「一番の方法」というのは無い、のです。


さまざまな要素が必要なんです、ハイポを育てるには[E:flair]


中でも、多くの方が、一番できていないのが、

足の指を踏ん張って歩くことです。(京子先生も含む[E:coldsweats01])


最近は、テレビでもずいぶん採り上げられるようになった「浮指」。


京子先生も、毎日たくさんのお客様のお足もとを拝見しますが、

指を全く使わないで歩いている人が多い~~[E:coldsweats01]


特に親指さんを正面から見た時に、

指の腹がフワフワでまん丸なケースは、わかりやすい浮指さんです。

これは、身体のあちこちに支障をきたすことがわかってきています。


手のお爪の時にも、ご説明していますが、

ハイポニキュウムって、「必要な時に現れる」んですよ。

「[E:shine]呼ばれて、飛び出て、じゃじゃじゃじゃ~ん![E:shine]」です。

(カンちゃん、古すぎてスルーしたい[E:sweat01])


水泳選手の指の間に、水かきが現れる事を

考えて頂くとわかりやすいでしょうか。


すなわち、指を浮かしてる以上、

お爪には適切な爪圧がかからず、

お爪を支える必要がないから ハイポは現れない。

したがって、お爪のネイルベッドは、狭いまま、

となります。


これを解消するには、(本当にご希望だったら、ですよ[E:coldsweats01][E:sweat02])

毎日しっかり5本指ソックスを履いて、

普段のお靴を5本指ソックスでも大丈夫なものに変える、

そして、足の指をしっかり伸ばす事を意識して、

指先で地面を蹴り出す歩き方をして頂く。


こういうと、靴の中で、指をむぎゅ~っと縮ませる方がいらっしゃいますが、

それは違いますから~汗[E:sweat01]


感覚は、実践しながらでないと掴みにくいと思います。

足指の筋力もすぐすぐには向上しないし、

お仕事上、パンプス必須の方は、お休みの日などに試してみて下さいね。


また、足の爪のハイポを育てる、という事に注目するなら、

5本指ソックスに加えて、ジェルの力を借りる、というのもアリです。

巻き爪傾向の方には、おススメできませんが、(悪化の恐れがあります)

SEEZ.のお客様にこのようなケースの方がいらっしゃいます。


Photo 



実は、この親指さん、クリアのジェルがついています!

他の4本は自爪。

目立たないように、つや消し処理をしているので、親指も自爪みたいでしょ?


元々は、お爪が割れやすくて、補強のためにジェルを付けていたのですが、

その結果、めっちゃハイポが育ってます!!(≧▽≦)[E:heart04]


夏になると、お爪の伸びも早くなるので、

ご希望により短めに整えています。


この方は普段から5本指ソックスで、スポーツもされるので、

適度に爪圧がかかって、総合的にハイポが伸びたケースですね。



巻き爪や、指の骨の問題などで反り爪傾向にある方は、

なかなか結果が出にくいと思いますが、

深爪せず、指先を覆うくらいの長さにお爪を整え、

②指の腹をしっかり地面につけて踏ん張る歩き方をして、

③朝 出掛ける前と、夜 寝る前だけでも、ちょっと保湿をすると、

ハイポが伸びて、ネイルベッドが広くなり、

ペディキュア映えするお足もとになりますよ~[E:up][E:heart04]



ネイルベッドの面積は、

日常生活はもとより、スポーツのパフォーマンス向上や、

つまづき・転倒防止などの機能面からも、

その方の身長・体重に見合ったサイズが必要ですからね[E:good]



いかがでしたか?

ほんのちょっとの意識改革で、

いろんなところが変化しますよ( *´艸`)


この情報が、みなさんのお役に立ったら嬉しいです[E:happy01]




posted by 京子先生 at 07:05| Comment(0) | 巻爪・陥入爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください