2020年11月30日

フランス菓子16区のマロンパイ!






こんにちは~~!!

京子先生です

今日で11月が終わって、

2020年は、残すところ、あと1ヶ月。


押し迫ってまいりましたぁ~~(から元気)



そんな今日、

コロナの影響で、ずっとお越しになれなかった

N.N様がご来店して下さいました

お手入れお久しぶりです



お爪の形は、お手もと・お足もと、

ご自身でしっかりキープして頂いてましたが、

やはりSEEZ.でのお手入れを

心待ちにして下さってました




またN.N様は、京子先生が今年はすでに諦めモードに入っていた

老舗のフランス菓子16区マロンパイ

クリスマスのお菓子詰め合わせ

プレゼントして下さいました。


やった~~

うれしい~~

なにしろ、マロンパイはあと半月ほどで終了予定だったんです。

人気のお店はすごく混んでるし、(入店制限されてるとか)

買いに行くチャンス、無いなー、と。


ああ

このお姿萌える(笑)

DSC_7140.JPG



本気の、おおおおっきい栗がドンっと入ってるんですよね。



そして、お誕生の時から(その前から)知っている、

N.N様のお宅のきゃわゆいお嬢様達が、

「京子先生へ」と、詰め合わせを選んで下さったというこちら。


DSC_7142.JPG


うしろも、可愛い~


DSC_7144.JPG


ってか、いっぱい入ってるぅ(≧▽≦)(にやにや)


ありがとうございます。

大切にいただきます。

すてきなXmasが、ひと足先にやってきたので、

もう、やるしかありません!!(え)


皆様と同じく、体調に十分気をつけながら、

楽しく頑張りたいと思います。





posted by 京子先生 at 18:10| Comment(2) | 素敵ないただきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

京子先生11月・12月のネイル♪2020






こんにちは~!!

京子先生です


ここ2~3日、福岡は夏日

昨日のお休みなんて、日中は半袖でOKでした。

11月も後半だというのに・・・(;^_^A



しかし、季節は、いえ暦は確実に12月へ。


なんとも、ピンとこないな~~



そんななか、

今回は、いつもより1週ほど早めにネイルチェンジをしました。


11月下旬からって、中途半端で区切りが悪いけれど、


「ぜひクリスマスまでキープできますように!!」って

願いを込めて、自爪を短くして しっかりつけ直しました。


実は、SEEZ.には、

京子先生が3色のジェルをブレンドして作っている

オリジナルの人気色があるのですが、

なんとそのカラーに似たベースに

キラキラが入っているステキなジェルを見つけました


少し七色.JPG



ああ、伝わるでしょうか、、、

色を写すのは誠に難しい


ベージュのような、少しラベンダー入ってるような、

どなたの肌色も美しく魅せる、とても良き色なんです


そこに、この時期マストな 

キラキラがたくさん入ってますからね


落ち着く。けれど気分もアガる


この新色、京子先生も気に入っていて、

大人女子のお客様にも大好評



( ↑ ↓ ちょっと、七色が写せた!主に中指ね!笑)



DSC_7101.JPG



これから、年末までこのネイルで頑張る所存です(≧▽≦)

(もたせなくちゃ~~)


手指消毒と保湿の両立、

お炊事も お掃除もなるべく手袋を活用して、

健やかなお手もとで、過ごしたいですね。


みなさん、ぜひ一緒に意識して実践してみましょう!








posted by 京子先生 at 21:07| Comment(2) | ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

<つづき・おまけ>K様の真のポテンシャルに驚き!




こんにちは~!!


京子先生です




これまでの記事、

足のぶ厚い爪、カッターで削ってる人、いらっしゃいますか?

足の爪をカッターで薄く削った症例のつづき

<つづき>親指さんの驚愕の結果


に引き続きまして、

今回は、K様の驚くべき「親指さん以外のお爪たち」

スポットライトを当てたいと思います。



これまで意図的に、

他のお爪が写らないようにしていた京子先生( *´艸`)




うずうずしていましたが、

やっとご紹介できる日がやってきました!!

ぃやっほ~~~~い



それでは、K様の最初のお足もとです。

右①.JPG


親指さんは、そう、削り過ぎて割れちゃってね(;^_^A

他のお爪の爪先も、不揃いにガタガタ・・・



いえ、そこじゃなくて!!

小指さんまで全て、しっかりとした、そして面積!!


これは、磨いたら光り輝く原石ですよねーーー



お手入れしてみました。

光り輝いたーーー

右トップコート.jpg




この美しさには、京子先生も感激しました



「でも、トップコートじゃん」って、

突っ込みたい方も(笑)いらっしゃるかと思い、

すべて自爪のショットも撮っておきました。

これは、親指さんも改善された最新のものです。


右➁.JPG



       無敵!


(パソコンでご覧頂いてる方は、画像の右端(親指さん)が切れているかもしれません。
スマートフォンだと全部載るんだけど、設定が分からなくて、申し訳ありません。)



実は、左足も、すごく改善したんですよ

親指さんと、その他のお爪の不揃いな感じにご注目。

左①.JPG左➁.JPG



カチカチの甘皮や、白く乾燥したルースキューティクルを、

毎回丁寧にケアさせて頂きました。


   完璧




京子先生が、

「遺伝もあるかもしれませんが、

成人女性(28歳)で、お勤めをしていらっしゃる方で、

これだけの美爪をお持ちの方は希少ですよ」と

お話しすると、

まずK様は、ご自分のご両親にとても感謝していらっしゃいました。

(ええお人や(T_T)


そしてご職業柄、コロナ以前から

専ら在宅ワークが多く、あまり靴を履かなくてもよい日常、との事。


もちろん、小指がつぶれて変形したり、

薬指が中指の下敷きになって変形するのは、

「足の形に合っていない靴による長年の圧迫」に因るところが大きいけど。


タコやマメ、角質も、、、無い!



趾(足指)にとっては、とても良い環境だって事ですね。

こんなに差がつくんだな~~(;'∀')



これからも、オイルでの保湿、気になっても触らない、を

ぜひ継続して下さいね。



以上、

足専門のモデルさんにだってなれそうな、

K様のポテンシャルの高さについてのご紹介でした







posted by 京子先生 at 18:25| Comment(0) | トラブルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

<つづき>親指さんの驚愕の結果






こんにちは~!!

京子先生です


では、前々回からのつづきで、

厚みが気になる足の親指さんの爪を、

カッターで薄く削っていたK様のその後を公開させていただきますね。



深い部分から横割れしてお痛みがあった状態を、

ペディグラスで補正しつつ、

途中からは、

主に「長さ形整え・これからの成長のための甘皮ケア」にシフトした結果です。



1.JPG2.JPG3.JPG5右 斜め最新.JPG





横線の位置が変わっているのがよくわかりますね。



角度を変えて、正面からの画像も供覧しましょう。




P6080033.JPGP6080050.JPGP7270072.JPGPA120168.JPG右 最新.JPG



最新の画像のなんと美しい事!!


自己処理を繰り返したことで、

長い年月かけてできた深い横溝が、

どんどん先の方に伸びていって削り落とされています。

あともう少し!!!ですね




さて、みなさん、お気づきでしょうか??


お爪の先端ばかりに目が行きがちですが、

実は、重要なのは「根もと」なんです


お手入れを開始してから→

つまり、正しい甘皮ケアをしてから、

その甘皮の下を通って成長してきた新しいお爪は、

K様が気になっていたような、「ぶ厚い」お爪ではありません。



こんなに素晴らしい改善の陰には、

K様の、普段からの保湿や意識の変化がありました


回を重ねるごとに、健康で美しいお爪を目にした事で

やる気が湧いて下さった?(笑)のだと思います(≧▽≦)



オイルを塗って下さり、「ついつい気になって触ってしまう」という生活習慣を

変える努力が実っての結果、ですね~~

K様、本当にありがとうご
ざいます



さあ、次回は、オマケ編。

なんと、K様は規格外のお爪の持ち主だったのです・・・


つづく








posted by 京子先生 at 17:28| Comment(0) | トラブルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

足の爪をカッターで薄く削った症例のつづき





こんにちは~!!

京子先生です

前記事も、たくさんの方がお読み下さっているようで嬉しいです

本当にありがとうございます



ご自身の足の親指さんの爪が、

厚みがあるのが気になって、

カッターで薄く削っていらしたK様



本来、3枚の層が重なって

強度を保っているはずの爪が、

薄くなり過ぎて、

日常生活の中でちょうど負荷がかかるストレスポイントから

横割れしていらっしゃいました。



意図せず深爪状態になってしまった親指さんが、

巻き爪に変化しないように、

ペディグラスでカドを作って、

しっかり補正させて頂いたのですが・・・



P7020207.JPGカド作りました.JPG





すると、ほんの数日で、K様より、

「京子先生、せっかく付けてもらったペディグラスが

欠けてしまいました。

こんな自分が不甲斐無い!」とご連絡が。




ええ~~!?

何かの衝撃で、器具がポロっと取れてしまったのかしら???



カウンセリングで伺ったK様の日常生活では、

激しいスポーツや、ハイヒールなどの危険因子は無かったはずだけど・・・



見せて頂いて、二度ビックリ



こんな欠け方、初めて見ました~~



衝撃的.JPG


こ、これは!!

K様、何者かに かじられました???


結構な厚みのある樹脂でできた器具が、

こんなふうに途中まで、まるでかじられたような割れ方をするとは



詳しくお話を伺うと、

なんでも、以前からベッドで就寝中に、

ご自身の親指の爪を壁に押し当てているらしい・・・とのこと。




ほ、ほー




それは、すごい力ですね( ̄▽ ̄)


あるある、そういう事、ある!!


京子先生的にも、

器具が、こういう欠け方をするケースが有るって、

とても参考になりました!!



それからも、

健康的で美しい親指さんの爪を育てるべく、

さまざまに工夫してお手入れを継続。


並行して、その他のお爪の甘皮ケア・お形整えも

入念に




さてさて 

K様の、「ぶ厚いのが気になってた」爪は、

一体どうなったと思いますか~??(≧▽≦)



驚愕の結果に つづく








posted by 京子先生 at 20:32| Comment(0) | トラブルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

足のぶ厚い爪、カッターで削ってる人、いらっしゃいますか?







こんにちは~!!


京子先生です


今回は、タイトル見てびっくりした方も 

いらっしゃるのではないでしょうか?


または、「うんうん、それが何か?」

という方も(;^_^A



京子先生も、ネイルのお仕事に携わって、

かれこれ25年経ちます



それはそれは、いろ~んなケースがあるんですよ~


爪噛みさんや、爪や皮膚をむしるクセがある方も

本当にたくさんお手入れをさせて頂いてます。



中には、

「手の爪だけでなく、

の爪も噛みます」

・・・え、足の???

からだ、やっわらかい、ですね(・_・;)、というケースや、




「爪は、生えてくるそばから噛むので、もうまったく無くて、

甘皮の下の、あらたに生えてこようとするうすい爪が気になって、

ピンセットで引き抜きます」


・・・え、痛みに、つ、強いですね(・∀・)、というケースも。


どなたも、本当に悩みに悩み抜いて、
カウンセリングにお越しになります。


しかし、今まで誰にも相談した事ない、
心の奥深くの思いを、京子先生に話してくださって、二人三脚で真剣にケアを続けて頂くから、

SEEZ.では、皆さんのお爪や皮膚がどんどん改善して、

本当の意味で 健康で美しい指先を手にいれていらっしゃいます。

「自分の爪もお手入れしたら治るんだ!」って、

納得して実感してくださるので、京子先生も「お役に立てている」と、

本当にやり甲斐があります。



さて、お話を戻しまして。

これまで京子先生も、

甘皮の下をシャーペンの先で掘る(学生さんに多い)、

爪の横幅が広いのがイヤで、彫刻刀で根もとまで切る、

などの、道具を使われるお客様

たくさん出会ってきましたが、


「爪の厚みがイヤで、カッターで薄く削ってます」という方は

初めてでした(笑)


え、めちゃめちゃ器用じゃないですか~?!


(注:足裏のタコ・魚の目は、皆さんハデに削っていらっしゃいますが汗)
←ダメですよ



その、器用なK様は、遠方からお越し下さって、

ちょっとお困りでした


削って薄くなり過ぎた爪が、深いところから割れて

お痛みがあるとの事。



P6080033.JPG



横から見ると・・・



P6080036.JPG





これは、痛いですね。

数日たって、この感じだから、さぞかし



このままにしていると、

いつも京子先生が言っているように、

皮膚をしっかり押さえ込む「爪のカド」が無いから、

ジワジワと巻き爪になってしまう可能性があります。





それにしても、凹凸、横溝が気になります・・・。


このお爪は、やがてこのようになりました。
   ↓ ↓ ↓

P7020207.JPG



やはり、弱くなってる溝から、

横割れしてしまったのです



さあ

巻き爪予防はもちろんの事、

いまから生えてくるお爪が、

ぶ厚さが気にならない、健康な状態で伸びるよう、

ペディグラスとネイルケアで補正していきますよ~~




じゃじゃーん!!


カド作りました.JPG



カド!!作りました~~



これで、皮膚に埋まらず、まっすぐに伸びてきます。


甘皮ケアを継続して、、、と思っていたら、

このあと、このペディグラスに悲劇がっ



つづく



K様は、京子先生のこのブログを

ずっと読んで下さってて、

特に、巻き爪の喰い込みがぐぐ~~っと引き上がるシリーズ(笑)の

ファンです とおっしゃって下さいました。



今回のブログの掲載も、

ご快諾くださって感謝いたします












posted by 京子先生 at 18:26| Comment(0) | トラブルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする