2020年10月26日

カッコいい どんぐり






こんにちは~!!

京子先生です



今日は、ホッとひと息、どんぐりの話題です(*^^*)

少し前に、実家方面で手に入れたこのどんぐり


DSC_6974.JPG


なんだか カッコ良くて(笑)、サロンの受付に飾ってます。


京子先生、こんなイゲイゲな、

どんぐりの帽子を見たのは初めてなんです~



勝手に、

どんぐりの帽子は、つるんとしたベレー帽みたいなのばかりかと・・・



このたび、生まれて初めて調べてみたら、

イゲイゲ帽子の丸いどんぐりは、

クヌギや、アベマキ(人名?!)、カシワの樹に

なるそうな。



で、京子先生の固定観念の、

ベレー帽に、たて長いどんぐりは、

主にカシ・シイの樹になるんですって~~



イゲイゲのは、落葉広葉樹

シマシマや、うろこ柄のベレー帽のは、常緑広葉樹らしい。



大変、お勉強になりました



大切に 豆手ぬぐいに包んで(しぶい)持ってきたけど、

パカッと・・・

DSC_6975.JPG



大切な帽子が脱げてしまった~~~


今さら、虫がいないか心配でしたが、せえええーふ!


数人のお客様が、

「あら かわいい

「トトロっぽいですね

と、お声がけくださいました。



トトロにどんぐりが、出てくるの?







posted by 京子先生 at 17:07| Comment(2) | 京子先生の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

京子先生 遅くなった10月ネイル♪2020






こんにちは~!!

京子先生です


うわ~~

遅くなっちゃいました~(;^_^A

ごめんなさい。



8月終わりに付け替えたジェルが、とても長持ちしたので、

今回の付け替えは10月中旬になってしまいました。


ここで、突然ですが、

いつもの月ネイルの前に、気になった事を語りま~す。


ひとつ前記事ハイポもお爪も伸びました~

ゆき様のコメントにもあるように、

「お爪が伸びるのが早い派」の方々は、

日数が経ったら目立ってくる、根もとの「すき間」が気になるとの事。


わかる~~



(だから)京子先生なんて、スーパー早く伸びる派なので、

よほどの事がない限り、

根もと近くはクリアジェル仕上げにしています。



マニキュアのように、お爪全体を一色塗り(多色でも)すると、

2日もすれば、自爪が伸びて隙間ができますよね・・・


なので、なんとな~く根もと付近にカラーを塗らないエリアを設けて、

クリアにしておけば、少々伸びても目立ちませんし、

2週間くらいで、自爪からぜ~んぶトップコートでカバーすれば、

新品ぽく見えまする(笑)



京子先生が強力に推奨しているわりに、

なかなかネイル業界に広まらない、根もとのリタッチ「リフィル」

とてもキレイに仕上がりますよ


リフィルは、お爪が弱い方、ジェルで傷んで弱くなった方には

本当に最適な技術です。


どうか、毎回外さないでリフィルして欲しいです。



ジェルのお直しってどういう事?と思われた方は、

一度こちらの記事をお読みいただけると嬉しいです。

(デザインがレトロな感じしますけどね(笑))

カルジェルは二度おいしい





簡単にご自宅で、トップコートでできるお直しはコチラをお読み下さいませ。

カルジェルの簡単!長持ち!お直し


さて、京子先生の10月のネイル。

DSC_6952.JPG




ベースは、白っぽいパールピンクを1度塗りしています。

根もとは塗ってないんですよ( *´艸`)


パッと見、全体を塗っているように見えませんか?


DSC_6955.JPG



あえて分かりやすいように、

この角度で撮ってみました。


が・・・



数日経ってるから、隙間はあるけど(笑)

ピンクとクリアの境目は、あまり目立たないと思います。


このまま伸びていっても、

「きゃっ!!ズボラっぽくて恥ずかしい!!」


みたいには ならないかと



もちろん、その時塗っているカラーにもよりますけどね。


はっきりした濃いマットなカラーは、

グラデーションしにくいし、

メタリックなパール強めも、筆をおいた場所がバレバレなのでNG。


(↑そういうカラーには、同系色のゆるいテクスチャーのジェルを

少量混ぜたりすると、

ハケ目が目立たなくなりますよ。)



という事で、

遅くなった10月のネイルは、

ピンクパール1度塗りに、新色のパープルオーロラ乱切りホロでした。


もっと七色のピカピカが写せるカメラだったらな~~~(≧▽≦)

posted by 京子先生 at 20:59| Comment(4) | ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

ハイポもお爪も伸びました~







こんにちは~~!!


京子先生です


今週末は、ここ最近で一番の冷え込みになるらしいですよ


うっかり喉が痛くなったり、鼻の奥がヒリヒリしないように

気をつけて下さいねっ!!(←すごくピンポイント)


ぬくぬくにして過ごしてほしいです




さて、京子先生は 伸びに伸びたネイルを、

先日やっと付け替えたのですが、

あまりにもフリーエッジが長くて、思わず撮ってしまいました。


ハイポも伸びとる・・・


DSC_6945.JPG



さすがに、この長さではアクシデント多発


小指なんて、爪先が何度曲がった事でしょう(>_<)


「痛ーいいったーーいと、

ひとりで悶絶(笑)


でもなんとか、ヒビも入らずに、一本も外れずに、

ひと月と2週間 もちました。


保湿のおかげ??

運???



しか~し!!

ちょこちょこオイルを塗っている京子先生でも

乾燥が身に沁みるような季節になってきました。



みなさんは、いかがでしょうか?

秋冬モードの保湿にシフトしていますか?



ではここで、アドバイス。

保湿は、オイルの量ではなく、

回数を増やすのが、失敗しないコツ


やる気出して、一度にたくさん塗ると、

書類やPCが触りにくくなったりして、

結局塗りたくなくなるんですよね。



お仕事中は、いつも通り、

「一滴(ひとハケ)のオイル」を

甘皮の上に乗せておく×何回も。


それ以外の時間は、ハイポ側にも一滴垂らしましょうね



手のひら・甲・指の関節・指の腹、、、

シワシワだと相当老けて見えます。こわっ



さ、さ、しっとりした指先で、今夜は温かいものをいただきましょう

コラーゲンとか必要だな、、ブツブツ


あ、その前に調理しなくちゃ、だ(笑)








posted by 京子先生 at 19:22| Comment(0) | ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

巻き爪とジェルの関係







こんにちは~!!

京子先生です


今日は、定期的に(笑)ご質問いただく

あの件について。


「巻き爪だと、ジェルできないんですか?」


この件に関しては、様々な見解があると思いますが、

まず、その前に!



京子先生は、

ジェルをはじめ、スカルプチュアなどのアクリリックネイルは、

硬化して仕上がったのち、徐々に収縮する特性があるため、

巻き爪を(巻き爪ぎみの爪も)悪化させる可能性がある、

と考えています。



そのため、

「巻き爪だと、ジェルできないんですか?」というご質問には、

「しない方が良いと思います」とお答えします。



でも


きちんと補正して、

アクリルが縮もうとする力に打ち勝つ状態にしてからだったら、

ジェルを楽しむ事ができると思います。



その点、仕上がりが自然で美しいペディグラスは最適 


(ワイヤーやプレート類でも、下処理を適切に行えばできるのでは・・・

ただし、化膿、出血がある、医師からNGが出ている、などの場合はダメですよ




この画像のように、足の親指さんを、

ペディグラスで補正していても、

P6270123.JPG



上から見ると、ほぼ分かりません。


P6270121.JPG




正面から見ると、向かって左サイドに器具が付いていて、

カーブが緩やかになるように補正しているのが分かりますね。


P6270122.JPG




ジェルを付けてみると・・・


P6270126.JPG




P6270127.JPG



段差も目立たず、ぷるぷる・ツヤツヤです



P6270124.JPG




痛い巻き爪も、ペディグラスで補正すると、

まずお痛みが無くなることがほとんどですし、

補正期間中に、こんなにキレイなジェルが楽しめるなんて

気分がイイですよね~



もちろん、段差のない美しい仕上がりには、

ペディグラステクニシャンの熟練の削りの技術が必要だし、

「ここを低く し過ぎない」

「厚ぼったく し過ぎない」

という絶妙な加減は、ネイリストとしてのセンスだと思います


ただし、注意点がありますよ。

ペディグラスは、月に一回のお付け替えで効果を発揮します。

当然、お爪も伸びてるから、ジェルのメンテナンスも必要。


巷でよく見かける、お爪の根もと伸び伸びの

「ペディキュア当分しっぱなし女子」

は、衛生的にも論外です。



という事で、結論、

「巻き爪でも、きちんと補正したうえでジェルはできる!」

でした~~





posted by 京子先生 at 19:59| Comment(6) | 巻爪・陥入爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする