2013年06月29日

「ひと息ついて糖分補給」のお話

京子先生より

頑張ったら糖分補給[E:sign03]のおすすめ。

ここ数日、さまざまなお仕事が立て込んで、
耳からモクモク煙が出そうだった京子先生[E:coldsweats01]

時間を見つけてお友達とお茶しました[E:heart04]

あぁ、こんなお茶の時間、ひさしぶり[E:shine]
なんて 幸せなんだ~~[E:crying]

おいしいタルトも食べました。
糖分のおかげか、頭が冴える~~[E:up][E:up]


Dscf6929


Dscf6928


この日は、天神VIOROのCafé Madu kitchenで。


おいしかった~[E:heart04]

また頑張ります[E:smile][E:note]

posted by 京子先生 at 16:41| Comment(0) | 京子先生の食いしん坊バンザイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

「人差し指の巻き爪 すっきり改善!!」

京子先生より

気になっている方が多い
足の人差し指さんの巻き爪の改善例をご紹介します。

(実は足の指は、
人を指さしたり、薬を混ぜたりしないので、
第2趾・第4趾…と呼びます)


このケースは、
親指より人差し指さんの方が長い方に多く見られますね。



これはかなり食い込んだ重度巻き爪です。
<補正前>
P4300087



特許の巻き爪補正ペディグラスで、ムリなく引き上げたところ。
P4300095



一ヶ月後には、こんなに改善が見られました。
<補正後>
P5270235



サイドから確認してみましょう。
<補正前>
P4300091_2



<補正後>(器具が付いています)
P4300101


このお客様は、現在2回目のお付け替えで
引き続き補正中。

お痛みから解放されて、
とても快適な毎日をお過ごしになっています。


何年も気になっているのに、そのまま放置していたら、
改善にも何年もかかってしまうのが巻き爪。


少しでも軽いうちに対処して夏を満喫しましょう。

痛くない巻き爪ケアについてはペディグラスの詳しいご説明
ご覧くださいね。

お手入れ後は、そのままカラーリングや角質スベスベケアもできますよ[E:happy01]


SEEZ.
092-737-1080

posted by 京子先生 at 19:43| Comment(0) | 巻爪・陥入爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

「雑誌の撮影でした」のお話

京子先生より
先日 ある取材で撮影して頂きました。

読売新聞をご購読の方にお読み頂ける冊子の特集なのですが、
その時の様子をお伝えしますね。


1_2

えぇっ[E:sign02]
なんでしょ~か、このポーズ[E:sign02]


New



New_2


ものすごい接写[E:sweat01]

3_2

微妙な体勢で一時停止。
ぷるぷるしない様に、体幹鍛えてます(笑)。


4

他にも面白いカットがいくつか[E:camera]、お手入れのご予約の隙間に
ダッシュで行われました。
次のお客様までに、無事終了[E:happy02]
ホッとしてピース[E:scissors]


またまたカメラマンさんに弟子入りをお願いしましたが、
却下されました[E:bearing][E:sweat02]
重い機材を持って走れるんだけどなぁ[E:coldsweats01]


9月号だから、8月にはご覧いただけるようです。
っていうか、今回のテーマは一体何でしょうか??


サロンに置いておきますので、読んで頂けると嬉しいです[E:heart04]

posted by 京子先生 at 09:37| Comment(0) | 取材を受けました! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

「伸び過ぎ注意!! 足の爪」のお話

京子先生より
今すぐチェックして欲しいお話です。


はい、みなさん、靴脱いで~。
足のお爪、伸び過ぎてませんか?


特に親指[E:sign03]
そして、他より若干そり気味の薬指、小指[E:sign03]


指先が露出するこれからの季節、ペディキュアやジェルネイルをしたまま
ルーズに放置していると、痛い事になるかもしれませんよ[E:sweat01]


京子先生のサロンには、その痛い事になっちゃったお客様が
たくさんお越しになります。
例えば……


1


ね~~~っ[E:sign02][E:wobbly][E:sweat01]  痛いでしょう??


2_2


サンダルのまま、ぶつけて割れてしまったお爪。


3





4_6


巻き爪ケア ペディグラスでキレイに角を作りました。
割れたまま、毎日を過ごしてしまうと、
本来、爪で押さえこんでいる
はずの皮膚が、一歩一歩、歩くごとに盛り上がってしまいます。
その結果、巻き爪・陥入爪に発展してしまう事も[E:impact][E:sign02]


うっかり、がこの先何年も悩みの種になる事が多いので、毎日そんな
ケースに直面している京子先生としては、黙ってはいられませ~ん[E:danger][E:happy02]


第一、オシャレのつもりでネイルをしても、伸び伸びで剥げかけ…って、
美しくないでしょう?
ましてや、「気づいたら伸びてた」っていう、ただのおサボりだとしたら…[E:sweat02]
女子として目も当てられませんね[E:coldsweats01][E:sweat01]


SEEZ.では、
「足のお手入れの仕方が、実は良く分からない」、
「かかとがガサガサで恥ずかしい」、という方にピッタリのフットケアが
この時期 大人気です[E:happy01]


安全で清潔な長さ・形をキープして、素敵な夏を楽しみましょう[E:heart04]

posted by 京子先生 at 16:04| Comment(0) | 巻爪・陥入爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

「極上フレンチのつづき デザート編」のお話


京子先生より

「サンテミリオン」さんの完結編をお送りしますよ。


さあ、ここまで京子先生達は、

相当量のご馳走を食べています。

お腹は、まさに はちきれんばかり…かと思いきや、

意外と大丈夫(笑)


途中、さっぱりとしたブラッドオレンジのグラニテを挟んで、

特別仕様のチーズも出して頂きました。


Dscf6833
もう、
倒れても
イイですか??

本当に全部
最高級の
ものでした。

スタッフひかり、
ヤギチーズ
気に入る!

おぬし、
なかなかやるな。



続いて デザートの前の小さなデザート。

Dscf6834
黒糖のエスプーマです。

下には
完熟パイナップル。

「たった今、泡立ちました」感
満載で、嬉しくなりました。





では、最後のデザートです。

シェフの意気込みが感じられますね。


Dscf6837
フランス語で、
「パーフェクト」の
パフェ[E:heart04]

白い泡は
ハイビスカス味。

フルーツは
ひと口で
その品質が
どれくらい
高いか
分かりました。


お皿には
ヴィオラの
花びらの
砂糖漬け。
かわいい[E:shine]



無心で食べるスタッフひかり。

甘いものを食べる速さは、現代の技術では計測不可能です。


おいしくておいしくて、号泣していたら[E:crying]、

トドメにこんな素敵なお菓子まで[E:note]

Dscf6840
ちくしょ~[E:sweat01]

心を奪われるぜ[E:punch]
(誰ですか?)

渡邊シェフは、
オーストリア大使館の
料理長のご経験も
有るとの事、

焼き菓子とか
お上手なんですね。




本当に本当に、久しぶりに正式なコースをいただきました。

K田様バージョンに スペシャルにアレンジされた豪華なお料理の数々は、

お腹も心も、しっかり満たしてくれました。


ずっと以前に食べたもので、今のわたくし達は出来ています。

この日頂いたものは、血となり肉となり、

確実に明日の京子先生達を作る。

なんか、嬉しい[E:heart04]

(普段が週4でポテチですからね[E:coldsweats01])


京子先生もそうでしたが、

若い頃に食べたお料理の味覚や、味わった雰囲気、経験は、

これからのスタッフひかりの素晴らしい物差になると思います。


またとない経験をさせて頂いて、

とても感謝しています。


こう見えて、京子先生、フードアナリストと言う名の食いしん坊。

相変わらず、うまく表現できませんが、

おいしい物を解説するのは、キライじゃないようです[E:coldsweats01]

めいわく~~[E:sweat01]

それでは、このブログも

通常営業に戻ります。


サンテミリオンさんのHP

posted by 京子先生 at 21:00| Comment(2) | 京子先生の食いしん坊バンザイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

「極上フレンチのつづき メイン料理編」のお話

京子先生より

『サンテミリオン』さんのメイン料理編のご紹介です[E:happy01]


さあ、この日のメインイベント[E:sign03]

シェフがプレゼンして下さったのは、

この食材[E:note]

フランスはブルターニュから、はるばる空を飛んできてくれた

オマールブルーさんですっ[E:impact][E:sign03]  

活きてますっ[E:sign03]大きいです[E:sign03]

Dscf6816
う~ん、
色が
伝わりにくい[E:sweat02]

深い藍色です。
足もブルー。

奥の岩牡蠣は
京子先生の
パー[E:paper]より
大きいのだ。




あぁ、オマールブルーさん、

やっと逢えた(笑)

K田様のリクエストで、あなたに逢えました。感謝[E:heart04]

(京子先生はオマールが大大大好きです、ってかエビがね[E:smile])


さあ、どんなお料理になって登場するのでしょう[E:up]


こんなん、なりました~~[E:happy02][E:happy02]

Dscf6826
手前のツメ、
大きいでしょ?

本体なんて
弾き飛ばされそう。
えぇ、弾力で。

身の甘みは
過去最高。
(京子先生調べ)





ソースには、もちろん「海老ミソ」がたっぷりで

しっかりしたお味でした。

とても奥行きのある複雑なひと皿で、

添えてある茄子やレンコンもおめかし。


今回、京子先生、学びましたね~。

「素材のちから」とか、「素材の鮮度」ってよく言いますが、

いやいや、やっぱり「調理の腕」ですよ[E:punch]  (偉そう[E:bleah])


オマールの身自体は こんなに軟らかいのに、

噛むごとに弾けるように調理できる腕。

スゴイですねー!

はい、帽子かぶってないけど、脱帽[E:wobbly]

Dscf6827
こちらは
先ほどの
岩牡蠣。

グリーンピース
イタリア産ですって[E:sign02]

アルデンテ
やったらしい。

スタッフひかり、
牡蠣ひと切れも、
お豆ひと粒も
くれんかった…[E:crying]
(笑)


そして、京子先生達を嬉しさで震えさせる

プレゼンがもうワンシーン!


お肉料理は、ミルクだけで育った子羊~~[E:happy02][E:happy02]

なになに?? これ~~[E:happy02]

Dscf6829
手前の
パイ包み、
明らかに
おいしそう[E:heart04]

部位別に
違った
お料理に
なるらし~[E:note]








そして、こんなん 出ました~~[E:up][E:up][E:up]

Dscf6830
め、めまいがっ!!

シェフが
いつもより
多めに削って
下さった
サマ―トリュフ[E:heart04]

ところ狭し、
とはこの事ですね。






パイ包みは、ラムと 歯触りのいいなんとか茸と、

フォアグラが巻き巻きされていました。

軟らかくてお肉自体がおいしいのにビックリ[E:impact][E:sign03]

子羊の臭みが無いとか、云々、の次元じゃないですから[E:coldsweats01]


気になってしょうがない、肩の部位にオンされているのは、

まさか「アイツ」じゃあ…[E:sign02]


Dscf6831
ハイ!
どアップ~!!

待ち受けに
しても
イイですかっ[E:sign02]



厚みしっかりの
フォアグラは
カリとろで
最高でした(笑)







このお肉料理は、つけ合せのお野菜が別盛りで供されました。

なんせ「ところ狭し」ですからネ。

Dscf6832
甘い人参の
硬めのフラン。

有機アスパラ。

そして、
玉ねぎの…。

玉ねぎって
思ったでしょ?

思ったよね?



実は、ジャガイモ[E:happy02][E:impact]

薄くスライスしたジャガイモを何層にも巻いて、

間にベーコンをしのばせて焼いてありました。

細かいっ!  感動[E:shine]



付き合って下さってる読者様、

そろそろお腹いっぱいじゃあないでしょうか[E:coldsweats01]

しかし、おいしい物は不思議と入るんですよね~~。



長くなったので、またまた続く事に致します[E:sweat02]

デザートも必見です[E:happy01]

飽きてなかったら、明日もどうぞチラ見して下さい。

posted by 京子先生 at 22:42| Comment(2) | 京子先生の食いしん坊バンザイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

「小倉の極上フレンチ『サンテミリオン』①」のお話

京子先生より

北九州まで足を延ばして、

大大感動したフレンチのご紹介です[E:happy01]



今回は北九州にお住まいのK田様に教えて頂いたお店です。

以前から約束していたので、スタッフひかりと新幹線で向かいました。



JR小倉駅からタクシーで10分くらいの小倉北区堺町にある

「サンテミリオン」さん[E:heart04]


席に着くまでのわずかな距離でしたが、

きょろ見[E:eye]したところ、店内は上品な設えで、期待が高まります。

キレイなカーテンで仕切られた個室チックなお席は落ち着きました。

<画像はリーフレットより>

Dscf6853



普段はB級だったり、ビストロだったりが多いので、

心地よい緊張感ですね~。





K田様がシェフに特別リクエストして下さったお料理もあるとの事。

楽しみ~~。


最初は、シュワシュワ爽やかなピンクのお酒に

マッシュしたキウイフルーツたっぷりのカクテルを頂きました。

そーとーおいしい[E:heart04]

しかし、京子先生、ひとくち飲むごとに真っ赤に[E:coldsweats01]

スタッフひかりに、面白がられる、っていう…[E:sweat02]


Dscf6817_2Dscf6819











おつまみに出たチーズ味のシューとピクルス。

アミューズは、玉子の殻に入ってた即興カルボナーラみたいなものが美味でした。

半熟玉子をつぶしてソースと混ぜ混ぜすると、

小さくカットされたパプリカなどのお野菜が出てきて、

パンに付けて頂きます。

Dscf6821















前菜のこの一皿は、絶品でした。

ホワイトアスパラに目を奪われがちですが、

手前は青森大間の本マグロ!

しかも、の、海苔のソースに岩塩とは!!

おいしさにシビレました(笑)

大将! 「さく」でおかわりください!


ホワイトアスパラに載ってる泡は、なんと柚子風味。

これが合う!  ま、「うたかた」だから一瞬ですけどね[E:coldsweats01]


次、びっくりしますよ。

Dscf6823
こんなに
おいしい
エスカルゴは
初めてでした。

一度にこんなに
たくさん
食べたのも
初めてでしたケド。






通常のブルギニョンのお味もさることながら、

身が大粒で素晴らしいんですよ~。


右側のモジャモジャは、カダイフ。

細い小麦粉の麺状の衣で、最近は良く使われているようですね。

パリパリの食感と軟らかいエスカルゴがマッチしてました。


下に敷いてあるのが、超ビックリ!

ルッコラとマンゴーのサラダに甘く煮た針生姜。

???ってカンジでしょう?

いやいや、これおいしかったし、真似できそう。

K田様のリクエストだったそうで、

エスカルゴに警戒心を持っていたスタッフひかりも、

「これ、おいしい[E:heart04]」となってました。

まずは、前菜までをご紹介しました。

驚愕の(笑)メインとデザートは、次回につづく…。


こちらのシェフ 渡邊さは京子先生と同世代。

たくさん修業を積まれて、素晴らしいアイデアをお持ちです。

とても誠実そうなシェフですね。


記念日に大切な人とお食事するのにピッタリの

「サンテミリオン」さんでした。

posted by 京子先生 at 12:04| Comment(2) | 京子先生の食いしん坊バンザイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

「ねんりん家さんの限定バーム♪」のお話

京子先生より

超絶おいしい、バームクーヘンのご紹介です[E:heart04]

もー、ご紹介させて頂ける事が、嬉し過ぎる[E:happy02][E:sign03]


大人気の「ねんりん家」さんの季節限定のバームクーヘン。

東京のナラクマ様が送ってきて下さいました。

本当にありがとうございます[E:happy01][E:shine]


Dscf6860



今回は「甘夏」「マンゴーオレンジ」風味[E:note]

Dscf6861









後ろ姿です(笑)

京子先生は、しっとりしたノーマルなタイプも好きですが、

周りがゴツゴツ、しっかりしたこのマウントバームもお気に入り[E:happy02]


Dscf6863








色では区別がつかないな[E:coldsweats01]

手前が甘夏、
奥がマンゴーオレンジです。









爽やかな香り、なのにしっかりコクがあって、絶品でした。

この旨さ、今までのモノとは、何かが違う…[E:sign02]

バター感?  水分量?

とにかく、おーいしーい[E:impact][E:up]



スタッフみんなで、紅茶と共に頂きました。

福岡にいながらにして、

この入手困難な限定バームを食べられるなんて、夢のようです[E:shine]


ご馳走さまでした!

posted by 京子先生 at 12:45| Comment(2) | 京子先生の食いしん坊バンザイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

「さようなら 『ボンジュール』!」のお話

京子先生より

今日で閉店、老舗パン屋さん

「ボンジュール」さんの話題です。

福岡市中央区大名で30年、

おいしいパン[E:bread]を焼き続けて下さった「ボンジュール」さん。


大名のいりくんだ場所にあって、

地域のランドマーク的存在でしたね~。

飲食店を探す時の目印として、

「ボンジュールさんよりも、天神側」のように使っていた人は

京子先生だけではないハズ[E:sign01]


その街のパン屋さんが、

店主の山田さんのご体調により惜しまれつつ閉店される事に。


昨年末 入院された時の「休業の張り紙」に、

「待ってます」「ゆっくり休んで」と、びっしりコメントが寄せられていました。

どこにも余白が無いくらいに。


一旦は復帰されたのですが、残念ですね。



で、京子先生、ダメもとで「かわいい後輩」様に伝令を[E:coldsweats01]


「ボンジュールのラストパンをGETせよ[E:sign03]」

今考えたら、ひどいミッションインポッシブルでした~~[E:sweat01]


なんせ早朝より、行列、行列。

<送ってもらった写メより>
個人が特定できないくらいの画像だったので
雰囲気を感じて頂くために小さく公開。

___3



___2










お目当のシナモンクロワッサンや、食パンは、

2か月前から整理券が配られていたとの事。

そりゃそーだよねー[E:coldsweats01]


小雨が降るそんな中、かわいい後輩様とご主人様が、

GETしてきて下さいました[E:heart04]

メロンパンやアップルパイ、あんこパイ。

きゃ~~[E:happy02][E:happy02][E:note]

Dscf6855






















ビニールに入ったままで失礼します。

なんせ、白手袋したいくらいレアなもので…って、保存できないよっ(笑)


やさしい甘みで軟らかく煮たリンゴがずっしり入ったアップルパイ。

涙出た~~[E:crying][E:crying][E:crying] (って、もう食べたんですか~~っ[E:sign02])

スタッフみんなで、有り難く、大切に頂きます。




ありがとうボンジュールさん[E:heart04]お疲れさまでした。

そして、本当にありがとう[E:heart04]かわいい後輩様、ご主人様[E:happy01]

posted by 京子先生 at 14:05| Comment(4) | 京子先生の食いしん坊バンザイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「京子先生 6月のネイル 2013」のお話

京子先生のネイル、更新しました[E:happy01]

梅雨を吹き飛ばす さわやかクールネイル。

イメージは ガラスのハート(笑)、もとい、キラキラクリスタル[E:shine]


Dscf6793
Dscf6800_2



シルバーっぽく見えるホワイトパールを斜めに塗りました。

キラキラ細かいのは、お手製でカットしたホログラム。

市販されているモノは、大きな乱切りなので、

繊細さがイマイチなんです[E:down][E:catface]


そして…もうお気づきかも知れません、

そうです、そのホログラムを 

ひとつひとつ並べた~~っ[E:happy02][E:impact][E:sign03]


いやいや、難儀でした(笑)


おとなしめに見えますが、

実物は、もう少し七色に光っています。


みなさんは、梅雨を楽しく乗り切る対策

なにか考えていらっしゃいますか??


京子先生は、

じめじめ、ムシムシな毎日を

このネイルで乗り切ります[E:up][E:punch]



posted by 京子先生 at 00:10| Comment(6) | ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする