2022年05月21日

京子先生 5月・6月のネイル♪2022




みなさん こんにちは~!!

京子先生です

天神も賑わっている土曜日です。

(京子先生はお仕事ですけれど)



さて、やっと京子先生もネイルチェンジを致しました。

今回はですね、初チャレンジの「箔」です!


金箔・銀箔の「箔」。

今回のは、ブルーゴールドピンク・・・

いろんな色に光ります



DSC_8474.JPG


DSC_8477.JPG



「ラメ」とは違った、この「箔」の感じ、伝わりますか???


辞書によれば、箔とは、「1.金属を打って、ごく薄く延ばしたもの」。


うんうん、確かにそうですね。


しかもこれは、シート状ではなく、細かくなってるから、

鼻息で飛ばないように、、、っていうか、

筆離れにコツがいる、、、っていうか、

・・・まあ扱いにくかったです(え?)



ベースは、自爪にクリアジェルだけでもいいかな?と思ったのですが、

少し気分を上げて、クリアピンクを薄く塗っています。

血色よく、健康的に見えるので、おススメですよ



この「箔」、本当にラメのキラキラ感とは違いました。

DSC_8479.JPG


凹凸なく、「面」的な仕上がりで、絶妙な輝き。

工芸品では、金箔などを見ますが、(
あ、お酒やソフトクリームとかね(笑))

どことなく品がある、ように感じるのは、京子先生だけでしょうか?



そう言えば、

辞書の2番目の意味に「2.人が重んじるように外面的に付加されたもの。値打ち。貫禄」

とありました。


これって、「箔が付く」ってヤツでしょ??


貫禄、ついた~~~!!


このネイルで、来たる梅雨時期を乗り切りたいと思います。

みなさんも、ご体調、特に頭痛や、お腹の調子にお気をつけて、

ハツラツとお過ごしくださいませ。


お部屋を、カラリと除湿したり、

ミント系の爽やかなエッセンシャルオイルを、マスクに一滴、というのは、

すぐにできるから、お試しくださいね




PS.「箔」って、アクセント、

ク」 

「ハ   どちらでしょうね?

キンパクだから、「ハかな?


posted by 京子先生 at 18:31| Comment(2) | ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

超スッキリ!巻き爪画像の最終編です




みなさん こんにちは~!!

京子先生です



正面や上から、

角度を変えて見てきた今回のシリーズも今日が最終編です


皮膚科クリニックさんからご紹介いただいた

重度巻き爪O様のこれまでの経過は、

1回目

2回目

3回目

を、どうぞご覧くださいませ。



それでは、右サイドからの画像を、

初回と、約2ヶ月後で比較してみます。

P2280078.JPGP5020015a.jpg


下の画像は、ペディグラスの補正器具が付いています。


もともと爪が食い込んでいた跡が、ハッキリと分かりますね。

ひとつ前の記事でご紹介しているように、爪自体の面積がとても広くなりました。


この2枚の画像の間には、途中経過の画像もあります。




初回のお手入れ直後 ↓

P2280102.JPG



その3週間後 ↓

P3180117.JPG




また、根もとから強いカーブで巻き込んでいましたが

そこも緩やかになって、改善しています。


初回の左サイド ↓

P2280077.JPG



その約2ヶ月後 ↓ 爪の端っこがキレイに出て、スッキリです!!

P5020009b.jpg






それでは、全体図でビフォーアフターです。

P2280075.JPG


P5020008a.jpg

P2280076-a.jpgP5020005.JPG



とても健康的に改善されましたね



細く筒状に巻いた爪では、

体重を支えて歩行したり、運動したり、

という基本的な機能が十分に果たせません。



年齢を重ねるごとに、ひざや股関節など、

さまざまな場所に不具合が起こる原因になるかもしれません。


日々の爪切りの仕方や、

通学・仕事で履く靴の見直しなど、

今すぐにできる事があります。


予防のために、ちょっと考えてみて下さいね。


そして、もうすでに、お痛みがある方、

痛くなったり、治ったりを繰り返している方

ドクターのご意見を聞いても、その期間に悪化している可能性が高いとの事なので、

どうぞ、お近くの皮膚科医、またはペディグラスの取扱い店へ、

ご相談してみて下さい。



京子先生のサロン SEEZ.へはこちらからどうぞ。

無料カウンセリングで、しっかり拝見して、

分かりやすく説明させていただきますね。

SEEZ.お問合せ・ご予約フォーム






posted by 京子先生 at 18:27| Comment(0) | 巻爪・陥入爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

超スッキリ!巻き爪ビフォーアフターを別角度から




みなさん こんにちは~!!

京子先生です



先日から、皮膚科クリニックのドクターからのご紹介でお越しの、

重度巻き爪さん(O様・40歳代後半女性)の経過をご紹介しています。

ブログへのご協力に感謝申し上げます



喰い込みが引き上がって、スッキリする様子は、

1回目

2回目

をぜひご覧くださいませ。


今回の重度巻き爪さんは、根もとから先端まで、

キレイに筒状に巻いているタイプです。



正面・上から・サイドから、

角度を変えて、そのビフォーアフターを順番にご紹介いたします。

期間は、約3週間おき(後半は約5週間)です。



まずは、ペディグラスの効果が最大限に発揮されるように、

お爪の状態を、最適にプレパレーション(下準備)。


京子先生は、

ここが!

この工程こそが!!

技術者の腕の見せ所であり、

その後の効果を、もっとも左右するポイントだと思っています。


P2280076-a.jpgP2280087.JPG
P2280099.JPGP3180109.JPG
P5020005.JPG


爪と皮膚との密着具合、

「皮膚の穴」の回復の様子、スゴイですね~~



それでは、上から見た画像も、どうぞご覧ください。

みるみるうちに、様子が変わっていきますよ


P2280075.JPG
P2280103.JPG

 ↑ これが、初回のお手入れ後です。


P3180110.JPG

 ↑ 約3週間後(器具を外した自爪)

分かりやすくするために、補助線を入れてみますね。

P3180110.JPG


赤い補助線の外側は、

もともと上から見た時には見えなかった部分です。

もっともカーブがキツい部分だったので、

改善の途中では、縦割れする事が多いですね。


次は、約5週間後です。

P5020003a.jpg

キレイに整えます。

P5020008a.jpg
 
↑ 剥離していた部分が減って、ピンク部分が増えています。



ペディグラスを装着。

P5020012a.jpg


いかがでしょうか?

根元からの面積が、全然ちが~う!!


最初の、筒状の巻き爪からの変化。

とても健康的な爪に変わってきましたね。


サイドからの様子は、

これまた違った驚きを感じていただけると思うのですが、

画像が多く、長くなってしまうので、

次回につづく~~(引っぱるやん?)


ワイヤーや、手術ではなく、

ペディグラスだったら、

お痛みなく、
いつもの生活の中で巻き爪補正ができます。


そこが、唯一無二の特長ですね






posted by 京子先生 at 19:38| Comment(0) | 巻爪・陥入爪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする